◇ 和室の調湿対策としっくい塗り










今回頂いたお問合せは、「和室の調湿(湿気)対策」に関するご相談でした。


1Fの風通しの悪いと思われるこの部屋は、既存壁面は昔からある「繊維壁」でした。

余談ですが、その繊維壁に寄りかかるとキラキラした壁面が取れて、洋服についてしまうという

ちょっと厄介な壁面です。




↓ 工事前の状態





今回は、畳を撤去して下地材の確認、補強、湿気対策材敷き詰め。

内装の仕上げでは、押し入れ廻りの棚撤去、タンスの撤去。


壁面はハイブリット型しっくい材「システィーナ」(村樫石灰工業)

畳には「無印良品」の麻畳 このようなご要望の元、工事が始まりました。




↑ オーナー様か頂いた工事のイメージ




【工事の内容】 *調湿(湿気)対策工事


・木工事:  畳撤去処分、床下下地の確認、補強、押し入れの改装工事


・左官工事:  既存壁面の撤去、剥がし 漆喰塗り 


・畳  :  無印良品 麻畳




【 木工事 】





畳を撤去して、床下材を剥がして下地の確認をしました。



特に床下からの湿気状態は悪くなく、湿気対策の珪藻床下調湿材は保留となりました。

その変わりに下地垂木の追加補強、コンパネ材取り換えを行いました。









押し入れを撤去して、床のコンパネ材を取り換えして木工事が完了します。





   【工事前】       ⇒    【床下確認】    ⇒    【床材張り】    ⇒    【木工事完了】

      

▲画像クリックで大きくなります。






左官工事は、既存壁面剥がし、押し入れ廻りの不陸を補修して、しっくい材をコテ塗りしました。


 ↓ 押し入れ(不陸調整)



    【剥がし】   ⇒        【押し入れ】    ⇒    【しっくい塗り】   ⇒    【乾燥】

      

 ▲画像クリックで大きくなります。












和室の調湿対策としっくい塗り。


このお部屋にとって数年に一回のお手入れ工事です。

全ての工事を慎重、丁寧に施工させて頂きました。



作業のしやすい環境と、作業スペースを考慮して頂きましてM様、 誠にありがとうございました。

この度は佐藤塗装店に工事のご依頼をありがとうございました。