サイディング塗装の問題点と塗膜の割れ

コーキング仕上げの問題点

  川崎市中原区住宅サイディング外壁塗装工事 


@

【壁面を仕上げ】 ⇒ 【コーキング】 (後打ち)の場合


コーキング材の上には塗装なし。

もちろんむき出しにの状態になってよい「コーキング材」を使用します。


コーキング材が仕上げとして残る場合は、コーキングの耐久性に依存されるでしょう。


A

【コーキング】 ⇒ 【壁面を仕上げ】 (先打ち)


コーキングを仕上げた後に、

 コーキングの上に塗れるような下地処理後に塗装(先打ち)


一方で、先打ちされた「コーキング」は塗料と同等の耐久性になるでしょう。




私たちが、お勧めするのは A 。

耐久性の問題もありますが、見た目の美しさなどはコーキングの先打ちした方が

自然体に見えるのもありますし、何しろ壁面と同じカラーで仕上げられます。


一方でコーキングが仕上げ材としてむき出し状になる場合

数年経ってコーキング材が、黒ずんだ汚れを含みやすい(コーキングの性質上)

そんなところもあって、 A をお勧めする理由なのです。


川崎市多摩区住宅サイディング外壁



私たちが行う「塗りかえ」のケースでは、ほとんどが A で施工されます。

【コーキング】 ⇒ 【壁面を仕上げ】 (先打ち)


施工をする上でいくつか、知っておかなくてはならない事があります。

コーキングと塗料の相性とは・・・・・

 
                            コーキングと塗料の相性