ほんとうに 「塗る」 だけでいいの? 


建物で重要な屋根の部位。実は塗れるとされる屋根材であっても、塗っても数年しか持たないケースもあります。

そのような時は、葺き替えやカバー工法といった、既存屋根の上から屋根を施工する方法をお勧めしています。


屋根材によっては、20年保証、30年保証といった長期にわたる屋根材保証もついていますので、数回の塗装メンテ

ナンスをするのであれば、屋根材自体を取替えしてしまった方がコスト的にもお得です。



 屋根を2回以上は塗りかえしているコロニアル屋根

 (耐用年数は20〜30年といわれているようです)



 コロニアル屋根で割れなどが生じているケース

 (特に築年数の若い屋根は、アスベスト規制の関係でひび割れているケースが多い)



 瓦屋根の重みが心配


 雨の種類によっては、雨漏りがしている

 (傾斜のゆるい屋根は、吹き込んでしまうケースもあるようです)
 


 屋根自体のメンテナンスサイクルをのばしたい



  


  



長期保証で有名な屋根材

D’Sルーフィング30年保証 エコグラーニ










  

佐藤塗装店で行いましたエコグラーニ カバー工法施工例です。





ほんとうに 「塗る」 だけでいいの? 


屋根の塗りかえや破風板の塗装に伴い、これからの15年、20年先を考え、各板金工事も承っております。

雨漏りの原因になりうる、「腐食」を下地から取替え工事も行っています。


また、樋の傾斜調整や樋交換工事も弊社屋根板金職人が、丁寧な施工で対応いております。



*棟交換、換気棟設置工事       
  

  



*雨樋交換工事       
  


  



*破風板金工事

  



いつも丁寧な施工を心がけ工事にあたっております。

もし、気になる症状がありましたらどうぞお気軽にご相談下さい。