コロニアル屋根をエコグラーニで施工しました!




モルタル、サイディング外壁 : プレミアムシリコン 塗装

付帯塗装 : シリコン樹脂 塗装

屋根工事 : エコグラーニ (カバー工法) 

その他: 破風板板金加工(ガルバニウム鋼板)、樋取替え





□ 一期一会。ご希望とご提案  


今回お塗りかえをご検討とのことで、いくつかの希望すべき工事の方向性がありました。
ご近所様を塗りかえの業者は「断熱塗料 ガイナ」をお勧めされたらしく、そこから話が始まります。
築年数も経っていることから、屋根を塗りかえしたところで数年後にはまたメンテナンスの時期がやってくること。
この先、長いスパンで考えた時、どんなメンテナンスが良いのか??

いろいろと案があるなか、いくつかに絞り込みましてご提案させて頂きました。



↓一度お塗りかえしているコロニアル屋根(欠け、割れがありました)


↓木部、破風板は剥がれ、腐食あり



□ 屋根のカバー工法と、壁面はプレミアムシリコンで塗りかえ

屋根は今後のメンテナンスの事を考えまして、一番重要なところですし塗り替えよりもコストはかかりますが
新規に屋根をのせる コロニアル屋根カバー工法(換気棟の設置も含む)を
ディーズルーフィング エコグラーニで施工するご提案に決定しました。

この屋根材のいいところは、何と言ってもメーカーの30年保証が付けられるという点です。
表面に自然石粒をジンカリウム鋼板にコーティングしてありメンテナンスフリーを提唱している屋根材を
選択しました。

また、壁面は15年サイクルで塗りかえ回数の軽減を提案する塗料「SK プレミアムシリコン」で塗装。
樋は全交換で「クリアール105」という部材、大変集水能力に長けている樋に交換する工事内容となります。


▼画像クリックで大きくなります。

     

     


屋根材はエコグラーニ(エバーグリーン)で施工しました。


*マウスでふれると画像が変わります。(before / after )





▼画像クリックで大きくなります。

     


*マウスでふれると画像が変わります。(before / after )






T様にとって十数年に一回の大規模な修繕工事です。
全ての工事を慎重、丁寧に施工させて頂きました。

作業のしやすい環境と、作業スペースを考慮して頂きまして、誠にありがとうございました。
アフター点検も含め、Tさまにお会いできる日を楽しみにしております。

この度は佐藤塗装店に工事のご依頼をありがとうございました。