コロニアル屋根をエコグラーニで施工しました!




モルタル外壁 : SKプレミアムシリコン 塗装

付帯塗装 : 2液形溶剤シリコン樹脂 塗装

屋根工事 : エコグラーニ (カバー工法) 

その他: 破風板板金加工(ガルバニウム鋼板)、樋取替え、霧除け改修、タイル洗浄





□ 一期一会。ご希望とご提案  


「樋が壊れているから一度見てください。」というところから、今回の改修工事の話が始まります。普段定期的にお手入れをされているそうですが、素材そのものの経年劣化が、気になり始める時期と重なり、樋の壊れ、屋根の破損雨漏りなど、各部を取り替えることを前提にしながら、いくつかのご提案をさせていただきました。

この先、長いスパンで考えた時、どんなメンテナンスが良いのか??
15年、20年先を見据えながら・・・



↓一度お塗りかえしているコロニアル屋根(欠け、割れがありました)


↓木部、破風板は剥がれ、腐食あり



□ 屋根のカバー工法と、壁面はプレミアムシリコンで塗りかえ

屋根は今後のメンテナンスの事を考えまして、一番重要なところですし塗り替えよりもコストはかかりますが
新規に屋根をのせる コロニアル屋根カバー工法を
ディーズルーフィング エコグラーニで施工するご提案に決定しました。

この屋根材のいいところは、何と言ってもメーカーの30年保証が付けられるという点です。
表面に自然石粒をジンカリウム鋼板にコーティングしてありメンテナンスフリーを提唱している屋根材を
選択しました。

また、壁面は15年サイクルで塗りかえ回数の軽減を提案する塗料「SK プレミアムシリコン」で塗装。
樋は全交換で「アーバントップΣ90」という部材、大変集水能力に長けている樋に交換。
破風板は腐食している箇所も多いことから、ガルバニウム鋼板で全面板金工事を。
あとは、タイル洗浄、霧除け改修など このような形で工事を行いました。

□ 足場工事
▼画像クリックで大きくなります。

     


□ 洗浄工事
▼画像クリックで大きくなります。

     


□ 塗装工事
▼画像クリックで大きくなります。

     

     


□ 破風板金工事・樋交換
▼画像クリックで大きくなります。

     


□ 塗装工事
▼画像クリックで大きくなります。

     

     

屋根材はエコグラーニ(ブラック)で施工しました。


*マウスでふれると画像が変わります。(before / after )





*マウスでふれると画像が変わります。(before / after )






Y様にとって十数年に一回の大規模な修繕工事です。
全ての工事を慎重、丁寧に施工させて頂きました。

作業のしやすい環境と、作業スペースを考慮して頂きまして、誠にありがとうございました。
アフター点検も含め、Yさまにお会いできる日を楽しみにしております。

この度は佐藤塗装店に工事のご依頼をありがとうございました。