タスペーサー(縁切り部材)を使用した屋根塗装




住宅屋根の主流=コロニアル屋根と言います。

そのコロニアル屋根も壁面と共に、定期的なメンテナンスが必要な箇所の一つです。


   



この屋根ですが、塗替えにおいて注意しなくてはならない点があります。

「縁切り」という塗装を終えた後に行う工程なのですが・・・・・・・。




【通常の屋根塗装工程】


下地洗浄 ⇒ 下塗り ⇒ 中塗り ⇒ 上塗り ⇒ 「縁切り」




「縁切り」。

この工程が不十分ですと、雨漏りを引き起こしてしまう非常に大事な工程。


*屋根を塗り終えた後、屋根の重なり部分、水切り部分、塗料が入り込んで上下くっついて

 しまった箇所をカッターなどで、元のように隙間をつくる事を縁切り工程といいます。






その不十分な工程を補うものとして、

佐藤塗装店では「タスペーサー」という縁切り部材を使用しています。

   


⇒気になる「タスペーサー」の効果は下より ↓↓↓






もし、不十分な縁切りを放置したらどうなるのか??


   


いずれは、屋根としての機能が妨げられた事より、雨水がスムーズな排出が出来ず

悪い問題を抱えてしまう可能性が考えられます。


・雨漏り


・下地の破損(腐ったり、錆びたり)


 

*屋根を塗って、雨漏りがするケース・・・・・。縁切りの不十分が原因かも・・・・・・。

                                           




   



     このページの続きはこちらです。
           ↓↓↓


       気になる「タスペーサー」の効果について。