ウレタン防水 屋上の防水工事

ウレタン防水 屋上の防水工事

ウレタン防水 屋上の防水工事

 

こんにちは!塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です!!
今回は「防水」についての工事にて、色々とご相談いただいた内容から屋上の防水について記述したいと思います。

防水といっても、いろんな種類がございますがその中でも私たちが普段行っている「塗り替え」「改修工事」などで最も主流であるウレタン防水についてご紹介させていただきます。建物の種別で言うと「ビル」「マンション」などがメインになります。(住宅などの屋上、バルコニーなども含まれます。)

 

 

1. ウレタン防水 通気緩衝工法 ダイフレックス「DSTカラー・ゼロ工法」

 

東京都葛飾区にてマンションをご経営のオーナー様より、屋上の防水についてご相談を頂きました。早速現地を拝見させていただき、工事方法をご提案させていただきました。実は階段廊下の雨漏りについてのご相談受けておりまして、その時の工事は下記よりご覧ください。

 

⇒鉄階段廊下の雨漏り 防水工事 ~タイル床面からタキステップ8W工事~

ウレタン通気緩衝工法 防水工事前

既存の状態はウレタン防水(密着工法)が施されております。密着工法とは、下地であるコンクリート床面と直接ウレタン防水を被せていく工法であります。それゆえに下地のクラック、割れなどが表層に出やすい仕上げと言われております。

 

 

現状は、剥がれ防水不良箇所が数か所あり、工事方法をいくつかご提案させていただきました。題名にも出ていますが今回の工事では、既存防水層の上から専用シートを敷き「ウレタン防水層」を成形させる通気緩衝工法にて工事を行っております。

 

 

洗浄⇒下塗り⇒通気シート張り⇒端末シール⇒改修ドレン、脱気筒設置⇒中塗り2層⇒トップコート

このような流れになります。早速、洗浄工事から開始しました!!

ウレタン通気緩衝工法 防水工事前

工事の初めに洗浄を行いました!!この時点でクラック、剥がれなども確認しております。

 

 

ウレタン通気緩衝工法 防水 工事前

洗浄後の乾燥です。

 

 

ウレタン通気緩衝工法 防水下塗り

既存の防水層との間に塗る「層間プライマー」を用いて下塗りを行っております。

 

 

ウレタン通気緩衝工法 防水 通気緩衝シート張り

寸法を計測して専用シートを切断しました。

 

ウレタン通気緩衝工法 防水 通気緩衝シート張り

自着シートですので、テープ表層を剥がし張り付け圧着しました。

 

ウレタン通気緩衝工法 防水 通気緩衝シート張り

端末シール、脱気筒取り付けを行いウレタン防水層を流してまいります。

 

 

 

1層目入りま~す!!みたいな・・・w

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

この後はグレーの画像が続きます(防水工事なので・・・)

 

 

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

 

 

 

続いて2層目入りま~す!!的な・・。

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

 

 

トップコート塗りま~す!!

ウレタン通気緩衝工法 防水上塗り

ウレタン通気緩衝工法 防水上塗り

ウレタン通気緩衝工法 工事後

これにて屋上ウレタン防水工事「通気緩衝工法」の完成となります。

使用した材料:ダイフレックス 「DSカラー・ゼロ」
通気緩衝工法DSTゼロ工法このようなカタチで施工させて頂きました!!ありがとうございます!!

 

 

 

 

2. ウレタン防水 通気緩衝工法「サラセーヌ通気緩衝QV工法」

 

神奈川県川崎市中原区にお住まいのマンションを経営されているオーナー様より、マンション外壁塗装と屋上の防水工事のご相談を頂きました。
今回は外壁塗装ではなく、屋上の防水工事をご紹介させていただきます。

 

ウレタン通気緩衝工法 工事前

ウレタン通気緩衝工法 工事前

既存防水層はウレタン防水の密着工法が施されているマンション屋上の防水面です。

 

今回の工事では、上記にあった通気緩衝工法と同様の仕上げですが、メーカー違いのAGCポリマー建材「サラセーヌ」を使用したウレタン防水工事になります。

洗浄⇒下塗り⇒通気シート張り⇒端末シール⇒改修ドレン、脱気筒設置⇒中塗り2層⇒トップコート

 

 

ウレタン通気緩衝工法 下塗り

ウレタン通気緩衝工法 下塗り

通気緩衝シートを張る前の下塗りです。

 

 

 

ウレタン通気緩衝工法 通気緩衝シート張り

ウレタン通気緩衝工法 通気緩衝シート張り

通気緩衝シート張り

 

 

ウレタン通気緩衝工法 改修用ドレン設置

今回は改修用ドレンも設置しました!!上記は横引き用です。

 

 

ウレタン通気緩衝工法 改修用ドレン設置

ウレタン通気緩衝工法 改修用ドレン設置

こちらは縦引き。

 

 

端末シール処理を施し、ウレタン防水を流します。

 

 

 

1層目入りま~す!!

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

 

 

 

2層目入りま~~す!!

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

 

ウレタン通気緩衝工法 防水中塗り

 

 

トップコート塗りま~す!!

ウレタン通気緩衝工法 防水上塗り

最後にトップコートを塗って工事の完成になります!!

 

ウレタン通気緩衝工法 工事後

これにて屋上ウレタン防水工事「通気緩衝工法」の完成となります。

使用した材料:AGCポリマー建材 「サラセーヌ」
通気緩衝工法QV工法このようなカタチで施工させて頂きました!!ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

3. ウレタン防水 通気緩衝工法「サラセーヌ通気緩衝AV工法」

 

神奈川県横浜市鶴見区にて会社ご経営の社長様より、「雨漏り」のご相談を頂きました。数年前にウレタン防水(密着工法)で工事を行ったそうですが、クラックの亀裂から浸水してしまうようになってしまいました。それに伴い今回は外壁塗装、屋上防水工事を行っております。

 

上記2種類の通気緩衝工法とは異なる工事方法になります。

いろんな箇所にクラックが発生していました。その中の数か所より雨漏りがあったそうです。
今回はサラセーヌ通気緩衝AV工法にて施工しました!!

 

洗浄⇒下塗り⇒ボンド塗り⇒通気シート張り⇒端末シール⇒改修ドレン、脱気筒設置⇒目止め⇒中塗り2層⇒トップコート(ボンド塗り、目止め工程が増えます)

 



専用のボンドを塗った上で通気緩衝シートを張りました!!(ポリエステル不織布製)

 

 

目止めを行っております!!

 

ウレタン防水1層目入りま~す!!

 

 

ウレタン防水2層目入りま~す!!

最後にトップコートを塗って工事の完成です!!

 

 

今回の仕様はこのようになっております。

自着シートでない通気緩衝工法は、若干手間暇が掛かりますが某担当者さんのお話しでは通気緩衝工法の中でもこれが最強じゃない??との事です。
うん。確かに・・・。

 

 

 

これにて屋上ウレタン防水工事「通気緩衝工法」の完成となります。

使用した材料:AGCポリマー建材 「サラセーヌ」
通気緩衝工法QV工法このようなカタチで施工させて頂きました!!ありがとうございます!!

その他いろいろな建物での施工例です。

↑ ビル屋上 通気緩衝工法ウレタン防水工事

 

 

↑ マンション屋上 通気緩衝工法ウレタン防水工事

↑ マンション屋上 通気緩衝工法ウレタン防水工事

↑ マンションバルコニー 通気緩衝工法ウレタン防水工事

↑ マンション屋上防水 ダイフレックス「エバーコート工法防水工事」

ウレタン防水は様々なカタチ、障害物があっても順応できる点が特徴になります!!

 

この度は佐藤塗装店へ工事のご依頼を頂き、ありがとうございました!!!

 

今回のように、お客様のご要望をカタチにするのも私たちのお仕事です!!
どうぞお気軽にコンクリート打放し壁面の塗り替え、ジョリパット外壁塗装の事、タイル張り工事の事、ダイノックシートの事、マンションやビルの塗り替え、改修工事の事などお気軽にご相談ください。

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

東京都世田谷区住宅の外壁塗装 家塗り替え工事 ジョリパット仕上げ「レイヤーストーン」

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ!!

 

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

東京都、川崎市、横浜市の塗り替え専門店 外壁塗装の佐藤塗装店

最新情報をチェックしよう!