大谷石の補修と工事方法について

大谷石の補修と工事方法について

大谷石の補修と工事方法について

こんにちは!塗りかえ専門店 佐藤塗装店 佐藤です!!

擁壁や塀などによく使用されている「大谷石」について、いろんなご相談を頂いております。

中でも一番多いのが、風化、劣化が進みボロボロと大谷石の表層が剥がれて困る。とか、汚れが蓄積されて汚らしくて困る。とか・・・。

この石材につきましては、私たちは石屋さんではございませんので専門的な事を調べてみると・・・。

大谷石(おおやいし)は軽石凝灰岩で、栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘される石材である。柔らかく加工がしやすいことから、古くから外壁土蔵などの建材として使用されてきた。

大谷石の石塀(拡大)

餃子像(宇都宮駅 旧東口広場)

軽くて軟らかいため加工しやすく、さらに 耐火性に優れている。このため住宅かまど、石防火壁門柱敷石・貼石など)、倉庫、大きな建築物の石垣、斜面の土止め石(擁壁)といった幅広い用途を持つ。耐火性・蓄熱性の高さからパンピザを焼く窯や石釜の構造材としても用いられる。Wikipedia より

住宅などでは、フェンスや擁壁などにも多く見られるこの石材ですが、経年劣化に伴いどうにかしたいという需要は少なくともございます。
今回は、そんな経年劣化をした大谷石の擁壁や塀を、お客様のご相談内容と共にご紹介させていただきます。(主に隣地の面した大谷石の補修工事です)

 

1. 大谷石の補修と工事方法

お客様からよく頂くご相談の中に、「いろんな所に相談をしたけれど・・・。実は・・・で・・・(困)。」
お客様から頂いたご相談を元に、工事の方法をまとめてみました。
下記は少なくともすすめられたご相談先の他社さんから勧められた工事方法だそうです。

1. そもそも大谷石を新しく積み直さなくてはいけません!と言われたのですが・・・
⇒一度既存大谷石を撤去して、新たな大谷石を積み直す工事。
2. 大谷石はとても危険だからRC擁壁にした方がいいです!!と言われたのですが・・・
⇒一度擁壁廻りを撤去して、新しくRCの擁壁を造る工事です。

上記の工事種別で言うと、土木工事よりの大変大掛かり工事方法になります。
金額的にもそれなりにかかる工事内容となり、そこまでお客様が求めているかが焦点となります。
こうして行く先々でお客様からご相談をいただくのが、「擁壁自体を一からやり直さなくてはならないのでしょうか??」というお悩みです。

もうこれは結論から申し上げますと、

崩れている擁壁以外は表層の処理で十分です。という事です。
私たちのお勧めする施工方法は、表層を処理して新たにモルタル層で固めて成形していく工事内容になります。
下記にその工事方法などを施工事例と共にご紹介させていただきます。

大谷石の補修工事

⇒ 大谷石の補修工事方法など

↑ 大谷石の補修工事とその後の仕上げについて(ジョリパット仕上げ、ヨウヘキコートなど)

↑ 大谷石の補修工事 作業動画になります


↑大谷石の修繕工事といろいろな仕上げの動画です

↑ 大谷石を「コンクリート打放し風」に仕上げた作業動画です!!

2. 大谷石擁壁の補修工事

大谷石の補修工事 工事前

東京都大田区の閑静な住宅外にお住まいのお客様より頂いたご相談です。
この土地はひな壇に造成されている場所で、お客様宅はこの擁壁の上に新築を建てられました。
その中で、外構を予定する上で大谷石が劣化をして、「ポロポロと崩れ落ちるのがお隣様にご迷惑をお掛けしてしまう。」お悩み相談でございました。

今回の工事では、その大谷石を表面処理してモルタル層で成形する工事内容にて施工させて頂きました。

ハツリ⇒水洗い⇒下塗り⇒ラス網取り付け⇒モルタル付け送り、コーナー成形⇒モルタル層下塗り、中塗り⇒クラック防止ネット⇒上塗り

このような手順になります。

擁壁の高さがございましたので、足場を設置いたしました。

大谷石の補修工事

水抜き穴設置

大谷石の補修工事

壁面が大きかったため、目地棒を設置してクラック防止を促します。

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

上記工程を経て工事は完成となりました!!

工事の内容:
大谷石の補修工事、擁壁補修工事、足場設置工事他

3. 大谷石擁壁の補修工事(仕上げあり)

横浜市港北区にお住まいのお客様より、大谷石の補修についてのご相談をいただきました。

やはり先ほどと同じくひな壇になっている宅地であり、大谷石の劣化が気になるご相談内容です。

今回も擁壁に高さがある為、お隣様の敷地内に足場を設置しても工事となっております。

ハツリ⇒水洗い⇒下塗り⇒ラス網取り付け⇒モルタル付け送り、コーナー成形⇒モルタル層下塗り、中塗り⇒クラック防止ネット⇒上塗り⇒仕上げ塗装

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

モルタルを塗る下地処理を終え、モルタル層の塗り重ね、成形作業となります。

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

塗り重ねる事3~4層。上塗りを終え左官工事完です。

今回はこの上に擁壁専用塗材「ヨウヘキコート擬石調仕上げ」を行いました!!

シーラー⇒中塗り⇒擬石調トップ2層

大谷石補修工事 before/after

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

こうして工事は完成となりました!!

工事の内容:
大谷石の補修工事、擁壁補修工事、足場設置工事、仕上げ塗装 IPヨウヘキコート擬石調仕上げ

4. 擁壁の補修工事(大谷石)

横浜市青葉区の閑静な住宅街にお住まいのお客様より、大谷石に関するお問い合わせをいただきました。
やはり、上記2例と同じく経年劣化にてポロポロと剥がれる大谷石のご相談となります。

この宅地もひな壇になっている土地になっておりまして、お隣様の敷地に劣化する大谷石がポロポロと崩れるお悩みでございます。
今回も同じく、表層の強化工事という事で、モルタルで塗り重ねる工事方法と仕上げ塗装も行っております。

今回もお隣様のご協力のもと、敷地をお借りして作業させていただきました!!

ハツリ⇒水洗い⇒下塗り⇒ラス網取り付け⇒モルタル付け送り、コーナー成形⇒モルタル層下塗り、中塗り⇒クラック防止ネット⇒上塗り⇒仕上げ塗装

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

一連の作業工程を経て、左官工事の完了となります。乾燥の為の養生期間を設け、仕上げ塗装に移ります。

大谷石の補修工事

仕上げ塗料は「ヨウヘキコート擬石調仕上げ」となります。

before/after

大谷石の補修工事

工事の完成となりました!!

工事の内容:
大谷石の補修工事、擁壁補修工事、仕上げ塗装 IPヨウヘキコート擬石調仕上げ

5. ポロポロと崩れてくる大谷石の修理

川崎市高津区にお住まいのお客様より、大谷石に関するご相談をいただきました。上記にあったようなお悩みであり、お隣様にご迷惑が掛かってしまうのを懸念してのご相談です。

今回の工事でも隣地をお借りしての作業となります。

経年劣化により大谷石の表層が崩れてくる状態です。今回も上記同様の作業内容にて工事を進めてまいりました。

大谷石の補修工事

表層のハツリ

大谷石の補修工事

ハツリ後の水洗い

大谷石の補修工事

ラス網取り付けとコーナー成形

大谷石の補修工事

モルタル層を塗り重ねます。

大谷石の補修工事

ブロック塀との取り合い部分

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

大谷石の補修工事

before/after

大谷石の補修工事

工事の内容:
大谷石の補修工事、擁壁補修工事(モルタル化粧仕上げ)

以上が「大谷石の補修工事」についての記述になります。ボロボロと崩れ落ちる大谷石でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
私たちはいろんな知識、技術を持ったプロの職人集団です!!

今回のように、お客様のご要望をカタチにするのも私たちのお仕事です!!
どうぞお気軽にコンクリート打放し壁面の塗り替え、ジョリパット外壁塗装の事、タイル張り工事の事、ダイノックシートの事、マンションやビルの塗り替え、改修工事の事などお気軽にご相談ください。

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

職人にしか出来ない「技」をお客様の「喜び」に変えるのは、現場で汗する私たちにしかできない事です!!
建物を綺麗にした喜び、お客様の笑顔、その全てが私たち職人としての使命だと思います!!

東京都川崎市横浜市の塗りかえ専門店 外壁塗装防水工事

【東京23区、川崎市、横浜市の「塗りかえ専門店」】

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客様に最高のサービスでお応えできるように、スタッフ一同頑張っております!
外壁塗装、内装塗装、屋根塗装、防水工事のことなら株式会社佐藤塗装店へご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ!!

川崎市、横浜市、東京都の「塗りかえ専門店」佐藤塗装店の外壁塗装、ジョリパット塗り替え、サイディングの塗装、屋根塗装、室内塗装、防水工事の施工

最新情報をチェックしよう!